生理痛(月経時に感じる痛みのことです)がおきる原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)には、色々なことが考えられるのではないでしょうか。例えば、過剰なストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)や規則正しくない生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)、運動不足(ジョギング、ランニングが流行していますが、これまであまり運動していなかったのにいきなり長時間赭ったりすると、膝の故障などが起こってしまいます)、冷え(冷えを改善するためには、口に入れるもの、つまり、食生活と生活習慣を見直す必要があります)などです。生理が憂鬱だな、嫌だなと思っているだけでも、それがストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)になって生理痛(非常に個人差があり、ほとんど感じない人もいれね、日常生活を送ることすらままならない人もいます)がひどくなるとされているのです。また、体質(形態的特徴、反応機能上の特徴、心的現象上の特徴の三つを合わせた人それぞれの性質をいいます)的に問題があって、生理痛(月経困難症と呼ぶこともあります)がおきているケースも少なくないのです。子宮を収縮させるホルモンであるプロスタグランジンの分泌量が多いと、生理痛が起こります。この場合は、産婦人科(赤ちゃんを産むための分娩施設を併設していないこともあるそうです)などを受診して、プロスタグランジン合成阻害薬の処方を受けると、痛みを改善可能になります。また、プロスタグランジンの原料となるような食材をなるべく摂らないようにするのもいいでしょう。もし、徐々に生理痛がひどくなりいくようなら、産婦人科(事前に口コミなどをよく確認して慎重に選ねないと、不快な思いをすることも多いようです)を受診して検査を受けてみて下さいね。生理痛がおきる原因は、子宮内膜症や子宮筋腫なんかの子宮の病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)も考えられるのです。これらの婦人病が原因で生理痛がおきている時には、原因になる病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)を治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)しない限り、ひどい痛みは続くとされています。しかも、月日の経過と同時にどんどん悪化していくだと言われています。婦人病は不妊の原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)になってしまうこともありますから、早めに産婦人科(妊娠や出産を扱う産科と女性特有の疾患を扱う婦人科の両方を扱う診療科のことをいいます)を受診するようにしてください。生理痛(月経困難症と呼ぶこともあります)は遺伝的な体質(形態的特徴、反応機能上の特徴、心的現象上の特徴の三つを合わせた人それぞれの性質をいいます)ばかりが原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)とは限らないのです。食べる物や飲む物、生活習慣などが原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)になっている事も多いでしょう。動物性の脂肪の多い料理、乳製品、チョコレート、スナック菓子などを?多く摂っていると、生理痛(月経困難症と呼ぶこともあります)がおきやすくなるだと言われていますー